読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここまでおろばすのゾーン

動画製作の経過報告(不定期)とアニメ、特撮、ゲームとかの感想メイン

【ネタバレ注意】超スーパーヒーロー大戦【感想】

この時期は何度も映画館に足を運ばなきゃいけないから忙しいね

 

というわけで本日は…超スーパーヒーロー大戦についての感想です

f:id:orobass:20170328220135j:plain

まだ公開したばかりの作品なので、観てない人はこんなの読んでないで映画館へ行きなさい!

 

というわけで感想です。

…まあ、春映画!って感じで安定のお祭り騒ぎでしたね

元々このスーパーヒーロー大戦系のシリーズに関してストーリー性とかは気にしたら負けかなと思っているので、ぶっちゃけそこまで期待してなかったです。

結果やはり予想の範囲内というか、過去のヒーロー達の活躍、というかバトルシーンそのものを楽しんでました。すごーい!たーのしー!

 

と、気にしたら負け!はい投了!イゴよろしく!では味気ないので、私のにわか知識を総動員させて気になった点を話題にして行きましょうか

 

 

まずは、みんなお待ちかねの貴利矢さん復活シーン!

 

 

…だったのにくっそ短い!

てっきり永夢達と一緒について来るのかと思ったけど、自分ゲームキャラなんで帰りまーす、お疲れさまでーす。て感じでそそくさと退場。

ちなみにゲンムもこの後出てきますが、本人は出てきません。それどころかエグゼイドのレベル3ゲツトツロボッツに負けます。

レベルX(笑)

私が神だ(笑)

 

アレ本人じゃないから!ゲームキャラだから!…と制作スタッフがいうのなら仕方ないですね。君達ほぼ毎年似たような事言うよね

 

 

続いて個人的にかなり期待してた空蝉丸ことウッチー!

 

変身した時のダンスが無いのが残念でしたが、「天怒りて悪を斬る!」が聞けて良かったです。

今更ですけど、今作品はブレイブが中心人物だから、ブレイブ繋がりでキョウリュウゴールドが呼ばれたんですね。じゃあついでにキングも呼んできてくださいよ!

 

そして何故かショッカー首領のダイヤモンド☆ユカイに執拗にボッコボコにされるウッチー。きっとゴールドとダイヤモンドで謎の対抗心があったのでしょう。

 

 

あとエグゼイドのチームセレクトの場面ね

 

赤、青、黄、緑、桃でチーム作ってー

黒「あの…」

白「あの…

紫「あの…

橙「あの…

銀「あの…

金「ぼくは黄色です」

 

で、東映スタッフのお気に入り、電王オンステージ!

はい…もうそのゴリ推し商法はとうの昔にツッコミ疲れたので割愛します

 

あ、電王自体は好きな作品ですよ?ただ毎年映画で死ぬほど出まくるので飽きてるだけです

 

話を戻しますが、青枠として八雲君が久々にスクリーンに帰ってきました。髪型変わった?

黄色枠は尊敬する先輩、黄色の腰マジイエロー!

ではなく…

黄金の腰ビートバスター!

あぁ、そこ触れるんだ…と個人的にはちょっと面白いと思ったシーンでした。

 

確かゴーバスVSゴーカイの映画だったか、マジキングに乗った陣さんも「なんか落ち着くなぁ」とか言っていた気がしますが、ここまでダイレクトに繋げちゃうんですねw

 

そして緑枠…北岡弁護士!

 

英雄って言うのはさ、英雄になろうとした瞬間に失格なのよ

 

何故かどこぞの英国被れの戦車乗りJKのごとく突然名言を口にしました。

その後も事あるごとに吾郎ちゃん吾郎ちゃん言ってたけど、吾郎ちゃんは別世界でフルーツパーラーの店員とか連続殺人犯とかやってたり忙しいので…

 

 

その連続殺人犯のいる世界からのご出演いただいたアマゾンズ

注目のアマゾンネオも含め、理不尽ルールを逆手にとられあっさり退場。

確かにアマゾンズの作品自体、TV放送のシリーズと大分イメージ違うから噛み合わせ辛いのは分かるけどさ…出番少なすぎるよ…

寧ろ逆に出番少なすぎて、子供が「パパー!このライダーのやつもっと見たーい!」つってアマゾンズ本編に辿り着きそうなんだが…

 

 

あと気になったのが、モモレンジャー

ゴレンジャーの本編あんまり見たこと無いから分からんけど、あんなキャピキャピしてたっけ?

 

 

とまあ客演に関しては嬉しさ半分、がっかり半分っていう微妙な評価でした。

 

次はストーリー…

 

飛彩の黒歴史であるゲームエイト君…結局あの病気なんだったの?ゲーム病の一種?

その辺の説明本編であったかも知れないけど全然分かんなかったです。

 

トゥルーブレイブはさすが勇者モチーフなだけあってカッコよかった!

自分の城に篭った主を攫おうとする魔王と、それを守る騎士…どっちの飛彩も自分の仕事に誇りを持ってるんですね

ただその誇りがホコリで汚れないように(ココ大爆笑するとこです)大事に守り続けた存在と、自分の誇りを今よりずっと輝かせるために努力してきた存在とでは、強さは大きく違ったんだと思います。

 

ナーガもそうです。

現実なんてクソゲーつまらないと自分の世界に引き篭もったエイト君と、沢山の仲間と一緒に世界を回るナーガ。さあどっちが面白そうでしょう?という事ですね。

あっ、ヒキニートリア充を対比して馬鹿にしてるわけじゃないよ!本当だよ!

 

ラストのエイト君を元の世界に呼び戻すシーンは結構好きでした。

永夢の、僕ゲームすっごく強いし、君にも負けないから一緒にやろう!という説得がすごく永夢らしくて好きです。

ゲームの世界に入らなくても、常にゲームはそばにいる…だそうです。

二次元に行きたいとかほざくオタク達に向けたメッセージですねこれは…皆さん座右の銘にしましょう

 

 

まだ細かいツッコミ所は色々ありますが、その先はキミ自身の目で確かめてくれ!(ゲームにちなんだ渾身の大爆笑必殺ギャグなので笑って下さい)

 

総評としては…

わーい!たーのしー!すごーい!

という風に、頭カラッポにして観ると丁度良く楽しめると思います。

 

ぶっちゃけそこまで面白くなかったです、ハイ。

 

まあ所々特撮ファンをニヤリとさせるシーンがあったり、エグゼイド側のライダーのフォームを出来るだけ沢山出せるように気を配ったり(それでもスナイプの扱いが雑な気がするが…)

しかしキュウレンジャーがナーガ以外まるで出番が無かったのはいかがなものかと。

ぶっちゃけバランスとナーガだけで戦隊側話回ってたと思う。ラッキーはただのよっしゃラッキーって言い続けるマシーンと化してたし。

…でもやっぱり気になるのは、全体的にバトルシーンが見辛いし、1回1回が少ない!

現実でゲームキャラと戦いながらゲーム世界でブレイブ対決しながらゴライダーの称号をかけて5V5でそれぞれバトルって…少しは落ち着け!

乱戦は目と頭が追いつかないのであんまり好きじゃないですね…こればっかりはお祭り映画の宿命なので、慣れましょうw

 

以上で終わります。

しかし、プリパラから始まってプリキュア、スーパーヒーロー大戦と、忙しい3月でした。暫くはまた動画製作を再開しようと思います。

 

では

f:id:orobass:20170329010956j:plain