ここまでおろばすのゾーン

ここまでおろばすのゾーン

動画製作の経過報告(不定期)とアニメ、特撮、ゲームとかの感想メイン

【ポケモンSM】タイプ統一パの宣伝がしたい【私的メモ兼用】

何気にブログでポケモンの事を書くのは初めてですが、がんばリーリエ(激寒)

 

最初に断っておきますが、本記事はポケモンの型紹介とか、自分のパーティ紹介とかの類ではなく、あくまで宣伝(になるかも不明ですが)を主目的としているので、そういったものを期待していた方には恐らく参考にならないと思われます。

 

 

ということで本日はタイプ統一パについて色々書き殴っていこうと思うのですが、何かと定義が曖昧なものなので少しだけ説明を…

 

 タイプ統一パとは、その名の通り同じタイプのポケモンのみでパーティを組むことです。

しかし縛りプレイと侮るなかれ!

強烈な選出誘導や、意表を突いた技構成等、テンプレ厨パ相手にも渡り合える立派な戦術の一つなのです!

事実、様々なタイプ統一使いの方が高レートで結果を残しています。

 

ですので!

タイプ統一の事をもっと知ってもらうため、私個人で色々と情報収集した、各タイプ統一の特徴や傾向を列挙していこうかと思います。

※これから書いていく事は、タイプ統一パ未経験の方に対する宣伝が主目的のものです。既にタイプ統一を経験している方からすれば実に拙い文章になる事請け合いなので、生暖かい目でご覧頂けると幸いです。

 

では、さくっとやっていきましょう。

 折角ですので、それぞれのタイプ統一をイメージした画像を作成させて頂きました!

ノーマル統一

f:id:orobass:20170731031408j:plain

ゲーフリの黒歴史メガガルーラを擁する戦闘集団。

弱点タイプは格闘のみだが、ゴースト以外は全て等倍で受けてしまう。さらに攻めにおいても弱点を突けるタイプが存在しない。

つまりは純粋な数値で勝負する事を要求される統一。

…かと思えば、様々な複合タイプと優秀な特性から繰り出される豊富な技範囲や、メタモンドーブル等の搦め手も存在するため、思ったほど脳筋ではない。

それでも、破壊光線大爆発をタイプ一致で放てる事が影響しているのか、ポリゴンZ等を用いてロマン砲をぶっ放すノーマル統一使いは多い…らしい

 

炎統一

f:id:orobass:20170731034732j:plain

優秀な攻撃性能を持つパワーファイターな統一。

弱点タイプが岩、地面、水とメジャー所が多く、守りに関しては脆いイメージ。

本来ならアタッカーとして採用され易いファイアローウインディ等は、この統一においては受け役に回る事も珍しくない。

しかし物理、特殊共に強力な攻撃技が揃っている上、攻撃特化の種族値を持つポケモンも多く、一度攻めに入ると手が付けられない程の破壊力を持つ。

肝となるのは晴れ状態炎技の火力の底上げだけではなく、苦手な水技を半減で受けられるのは大きなメリット。しかも弱点タイプに軒並み刺さるソーラービームを溜め無しで即放てるオマケ付き(寧ろそれがメインか…)

そんな一石三鳥な晴れ状態を十二分に使いこなすメガリザードンは、炎統一にはなくてはならない存在。裏をかいてXを使うことも出来るというのは実に美味しい。

第7世代になり、キュウコン、リザYに続いてコータスが特性ひでりを習得。素早さの兼ね合いでペリッパーカバルドンより遅く特性が発動出来、天候の上書きが可能になるため、より確実にひでりを発動可能になった。

 

水統一

f:id:orobass:20170731040726j:plain

 タイプ統一最強を噂されるハイスペック集団。

能力値に無駄が少なく、攻めも守りも自在にこなせるバランスの良い統一として有名。

水タイプそのものの総数も多く、雨パは勿論、ギャランターン等のサイクル戦、マリルリはらだいこ等々…戦術も非常に幅が広い。

水統一はあめふらしニョロトノペリッパーすいすいキングドラメガラグラージと、雨パに必要なポケモンは楽に揃えられるため、通常の雨パと同様のスタイルで戦えるのが魅力

特にラグラージやヌオー等の水・地面タイプの相性補完は凄まじく、最終進化だけでも5体いるという選手層の厚さである。

そんな統一にしては伸び伸びし過ぎな環境もあってか、変幻自在ゲッコウガや水ロトム『タイプ統一のメンバーとしてカウントすべきか』の議論が度々行われているらしい。

※コレに関しては他の統一にも言える事ですが、タイプ統一というのは突き詰めるとただの自己満足なので、アリかナシかは己自身が判断すれば良い。というのが私個人の意見です。

 

草統一

f:id:orobass:20170731042222j:plain

ドM上級者向けと名高いトリッキーな統一。

どこからでも弱点技が飛んでくる恐怖に付き纏われながらも、相手の隙をうかがいつつじわじわと試合を進める。まさに大木の如き不動のメンタルを要求される…というのは言い過ぎだろうか。

宿り木や胞子等の補助技が豊富なため、正面からの殴り合いは避け、ジワジワ相手の戦力を削ぐバトルスタイルが得意。なお挑発や防塵ゴーグル等には注意。特にバルジーナ等の防塵の特性を持ったポケモンには間違っても胞子等の粉技を選択しないように…

さらに草技は半減で受けられるタイプも多く、ダメ押しと言わんばかりにメジャーなポケモンのサブウエポンに炎や氷、最近は毒技も増えてきているため対策はしっかり練る必要がある。

7世代ではタイプ統一キラーと悪名高いファイアローが弱体化したため、ある程度は動き易くなった。メガボーマンダって本当に弱体化されてんの?

それでもフェアリーが増えたことによる相対的な毒タイプの増加、それに伴い、草統一でも中々弱点を突きにくいメガフシギバナの増加により、変わらず草統一使いは茨の道を行くのであった…

 

電気統一

f:id:orobass:20170731043841j:plain

炎統一が力、草統一が技であるなら、電気統一は速さが持ち味である。

総じて素早さの種族値が高いポケモンが多いが、同時に特殊アタッカーが豊富でパーティ内でも偏りがち。

というか電気物理技にロクな安定技が無い。電気鼠以外にもボルテッカーが配布されれば良いのだか。

弱点は地面のみだが、元々の耐久が低いポケモンが多いため、受けに回るよりも相手の素早さの上をとって殴る戦い方が有効な場面が多い。

七世代でカプ・コケコ、デンジュモクが加入し、スピードもさることながら、電気技の火力にもさらに磨きが掛かる。

専用のZ技を持つアローラライチュウエレキフィールドと組み合わせるとほとんどの相手の上を取れるので非常に優秀。

ただ相変わらず物理アタッカーは不足気味のため、厳選可能であればボルトロスやコケコを物理型として採用するのも十分にアリ。

 

飛行統一

f:id:orobass:20170731050100j:plain

 全タイプ統一の中でも屈指の選手層の厚さ、全ての複合タイプを所有しているのは飛行統一だけ!

水統一と同じくとにかく戦略の幅が広すぎる。攻めに転じたときの制圧力は恐らく水統一よりも上。その代わり守備は一部のポケモンを除いてやや苦手か?

それから水統一と違ってステルスロックが結構痛いので、サイクルを回すのはやや難がある。ただ、ネイティオのマジックミラー等で対策出来ない事は無いので絶対無理という訳ではない。

ファイアローメガボーマンダ等、弱体化を受けたポケモンが多く、飛行統一内でも新たな戦術が各所で試されているとの噂。

オドリドリもいるし、これからはダブルバトルが主戦場になるのかもしれない。

余談だが、飛行統一の中でも『鳥型のポケモン統一』『鳥っぽくない統一』『準伝、主にコピペロス縛り』と更なる統一を好む者も多いらしい。

 

格闘統一

f:id:orobass:20170731051235j:plain

物理アタッカーの宝庫、物理受けを真正面からぶち抜く事が何よりのいきがい。

…とは言ったものの、第5世代の過去の栄光をあざ笑うかのようなThe・フェアリー祭りな環境が彼等を修羅の道へ突き落とす。

それでも上手く立ち回れば、恵まれた攻撃種族値から放たれる強力な物理技のラッシュで生半可な耐久のポケモン達は悉くマットに沈むだろう。

幸い第7世代ではフェローチェマッシブーンを始め、強力な格闘タイプが多く加入したため、憎き守り神達にも一矢報いる事が出来るかもしれない。

ジャラランガという待望の600族もいるから弱いわけがないのだ!

 

岩統一

f:id:orobass:20170731111516j:plain

攻めも守りも常にリスクが付き纏う一発逆転型統一。

さすがに岩というだけあって、物理耐久はかなり硬い。砂嵐を起こせば特防も上がるため、弱点を突かれても一撃で落ちることはあまり無い。

しかし弱点タイプが多い、多すぎる…

タイプ統一という性質上、弱点タイプは対策を怠るとまず負けるので、構築の段階でかなりの難易度を誇る。

タイプ一致の岩技に関しても、命中が安定しない技が殆どで、ここぞという時に外してそのまま敗北…というパターンも多い。

ロックカットやからをやぶる等の、素早さを上げる積み技を殆どのポケモンが覚える&特性の頑丈を持つポケモンが多いのもあって、相手の攻撃を一発耐えて、返しに積んで素早さと火力を上げて全抜き。という戦法が得意なポケモンが多い。イワパレスアバゴーラはその典型例。

第7世代ではウツロイドという待望の高速特殊アタッカーが加入したため、弱点対策の幅はぐっと広がった…気がする。

 

地面統一

f:id:orobass:20170731113413j:plain

岩統一とは打って変わって、安定感のある地に足ついた不動のバトルスタイルが特徴。

イメージがなんとなく岩タイプと被りがちだが、弱点タイプの兼ね合いもあり受けはそれなりにこなせる。さらにこちらには地震や大地の力などの安定したタイプ一致技が揃っている。逆に岩技ほどの爆発力は期待しにくい。そして飛行や特性浮遊に透かされる

砂パは勿論の事、雨や晴れの天候で動きやすいポケモンも多く、ニド夫妻という技のデパートも所有しているため、プレイングや型次第では殆どのパーティに安定して立ち回れる。

タイプ不一致技も合わせて圧倒的な技範囲の広さを持つが、同時に補助技はあまり得意ではない。カバルドングライオン等の枠の採用も視野に入れておきたい。

余談として、第6世代辺りから新ポケモンがあまり参入していない。ガブリアスランドロスマンムーを始め強力なポケモンを多く輩出している事の反動だろうか…?

 

 

エスパー統一

f:id:orobass:20170731115106j:plain

トリッキーが服を着て歩いてると言われる程に補助技に優れる統一。

初代では最強とまで謳われたタイプだが、弱点の悪タイプ、攻撃技半減の鋼タイプ追加に始まり、虫やゴースト枠の新規勢が続々と台頭し、長らく衰退の一途を辿っていた。

しかし来たる第七世代、カプ・テテフという強力な守り神が追加。彼等はサイコフィールドの恩恵を受け、所狭しと大暴れするのであった…!

…という風に上手くいけば良かったのだが、如何せん弱点タイプにメジャーポケモンが多く、防御性能もそんなに良いとは言えないため、テテフに過信せずキッチリ対策は行っていく必要がある。

幸い現在の高速環境においてトリックルームは結構刺さるので、どこからでも飛んでくるトリルの恐怖を相手に植え付け、選出を誘導してやろう!

 

毒統一

f:id:orobass:20170731120517j:plain

優秀な耐久性能と、相手を妨害する技に長けた悪の組織御用達のポケモン達。

弱点が地面、エスパーの2つだけであり、それぞれ飛行タイプや特性ふゆう、悪タイプ複合で弱点技を回避出来るため、タイプ統一には珍しくサイクル戦を起用させやすい。

ただし攻撃技の通りはそこそこ悪いので、大抵は毒を撒きながらジリ貧を狙うのが主な戦法になるだろうか?

それでも第七世代で幅を利かせるフェアリータイプに軒並み重い一撃を浴びせる事が出来るので、現環境においても人気の高い統一である。

現に新しく加入した毒タイプ、エンニュートアローラベトベトンはアタッカーとしての適正は申し分なく、毒統一には追い風の環境だと言えるだろう。

 

虫統一

f:id:orobass:20170731122704j:plain

ビジュアルに惹かれた者も多い、マニア達に愛用される人気の統一。

目を惹くのはやはり平均的な種族値の低さだろうか。タイプ一致技の通りも悪く弱点も多い、一見かなり弱い部類の統一と思われてしまいがち。

しかしこの統一にはハッサムウルガモス等、レートでも活躍する強力な複合タイプが揃っている。

そんな優秀な複合タイプを利用して、タイプ一致のとんぼがえりを用いたサイクル戦も面白いかもしれない。ステルスロックが痛すぎるが…

第7世代に入り、なんと炎技を半減する特性を持つオニシズクモが加入。

さらにフェローチェマッシブーンというUBも登場。

それに加えてきゅうけつの威力上昇、アメモースアリアドス種族値上昇と、至れり尽くせりの強化である。それらを虫統一で有効利用出来るかはまた別の話

 

氷統一

f:id:orobass:20170731123637j:plain

タイプ統一でも屈指の難易度と恐れられる玄人向け統一。

攻めに関しては強力なドラゴンキラーとして猛威を奮い、技の威力や範囲も申し分無く、及第点といえる。

守備は半減出来るタイプが氷のみ、格闘や炎といったパワー自慢に弱点を突かれゴリ押される、複合タイプが足を引っ張り四倍弱点は当たり前。まさに絶望的である

ただ数値受けをするのであれば、それぞれ物理耐久お化けのクレベース。特殊耐久お化けのレジアイスの二大氷壁が存在する。

第7世代からはキュウコンサンドパンが姿を変え氷タイプとなる。

キュウコンのゆきふらしからのオーロラベールサンドパンのゆきかき等、霰状態を生かしたプレイングはこの統一には非常に有効な手段と言える、かもしれない。

 

ゴースト統一

f:id:orobass:20170731132150j:plain

多種多様な戦術で相手を苦しめる、各々が一芸に秀でたスペシャリスト集団。

どのゴーストも得手不得手がハッキリしており、それだけに一度歯車が噛み合えば一瞬で相手の優位を引っ繰り返し、勝利をもぎ取ってしまうポテンシャルを秘めている。

ゲンガーの浮遊が無くなり、さらに道連れの連打が封じられてしまったため、この統一は弱体化したと思われがちだが、レート対戦で(良い意味でも悪い意味でも)超大人気のミミッキュの登場から、苦手な悪タイプにもガンガン勝ちを拾えるようになった。

しかしゴーストの一番の天敵は己自身

ギルガルドミミッキュのミラー対面はこの統一では日常茶飯事なので、そこはプレイングの差(主にギルガルドじゃんけんで読み勝つ事)を魅せ付けてやろう。運ゲー怖い

エスパー統一ほどではないが、トリックルームを覚えるポケモンも多い。ゴーストタイプは中途半端な素早さのポケモンが多い事もあり、状況に応じてトリルを張るか判断する、所謂スイッチトリルが得意戦術として挙げられる。

後は相手を状態異常に出来る鬼火や電磁波、挑発や呪い等トリッキーな技を数多く習得するので、いかに相手を翻弄し、一体ずつ確実に処理出来るかが勝負の鍵と言えるだろう。

 

ドラゴン統一

f:id:orobass:20170731134221j:plain

種族値の暴力で圧倒的に勝つ!がモットーの超エリート集団。

600族や準伝を始め、攻めも守りも高水準でこなせるポケモンが多く人気も高い。

しかし天敵のフェアリータイプ、一定数存在するめざ氷持ち等、それぞれのドラゴン達が有名なだけあって対策はされまくっている。

地面や飛行複合を多数抱える統一のため、氷タイプが恐ろしいくらい刺さる。特にパルシェンはそれこそ上から氷柱を飛ばされるだけで壊滅するので、真っ先に対策を行う必要がある。

フェアリーが存在するパーティには気軽に逆鱗が打てないことも大きな痛手となる。

ドラミドロバクガメスで一貫を消すか、高種族値で何もかもなぎ倒すか、使用者の構築能力が試される統一である。

 

悪統一

f:id:orobass:20170731135617j:plain

トレーナーのプレイング次第で強くも弱くもなる可能性の獣達。

種族値そのものは平均的なポケモンが多いが、その種族値の配分が尖ってるのが多く、両刀可能なポケモンも少なくない。あと何気にサザン&バンギという600族が2匹居る。

1ターン1ターンが常に綱渡りと言われる程、読みと心理戦の経験を要求され、まさにギャンブラーの気分を味わえる、主に一部の厨二病患者から人気の統一である。

最近では鋼タイプに対して等倍で一致技を打てる、いたずらごころによる妨害を受けない等の強化の恩恵を受けるが、同時にふいうちの威力が下がってしまった。

極めつけはカプシリーズとミミッキュ達のフェアリー無双。悪は淘汰される宿命なのだろうか…

しかし同時にアローラベトベトンガオガエンという対フェアリー兵器の可能性も投入されたため、十分戦える統一であると言える。

アクジキングに関しては次回作の強化に期待するしかない

 

鋼統一

f:id:orobass:20170731141212j:plain

恐ろしい程の耐久性能を持つ最強候補の統一。

半減出来るタイプの数の多さもだが、弱点となる炎や地面、格闘にもしっかり対策が可能な選手層の厚さにより、タイプ統一らしからぬ高純度な受け出し性能を持つポケモンが多い

積み技も豊富で、有利なポケモン相手に後出しして悠々と積んで全抜きを狙える。

ただでさえ強いのに、新たにカミツルギテッカグヤという強力なUBも加わり、攻めも守りも更に磨きがかかった。

このように純粋な殴り合いだと強いが、相手に補助技等の搦め手で攻められると途端に脆くなるのも特徴である。

単純なガチンコ勝負が主となるため型バレも多く、軒並み低い素早さも相まって、一度相手に主導権を握られてしまうと体よく振り回されるハメになる。

 

フェアリー統一

f:id:orobass:20170731143232j:plain

可愛ければ何をやっても許されると言わんばかりの強力な性能が揃った妖精の皮を被った悪魔のような輩共

タイプ相性がムカつく事にとにかく優秀で、ドラゴン無効を始め、弱点が鋼と毒という攻撃技としてマイナーなタイプ。そして何故か虫技が半減…

全てのカプシリーズとミミッキュ恥ずかしげもなく使用出来るため、厳選さえ出来ればえげつないトップメタパーティが完成する。

他にもトゲキッスエルフーン等でトレーナーの精神を崩壊させ相手に何もさせずに試合を終わらせる事が出来る。

7世代で腹立たしい程恐ろしく強化されたが、それだけにあらゆるパーティで対策されているため、テンプレな型でパーティを固めると痛い目を見るので注意。

てか痛い目にあわせてやるから覚悟しとけ!

 

 文章の感じで気付かれた方もいらっしゃると思いますが、私は一部のフェアリータイプのポケモンを仇敵として見ているため、対戦で遭遇した時は全力で葬る所存です。

 

まとめ

 以上が自分なりにまとめた、タイプ統一の特徴や傾向です。少しでもタイプ統一パに興味を持っていただけたなら幸いです。

ラストにフェアリー統一をやたらと貶めましたが、「フェアリー統一なんかやるな」とか、「他の統一でフェアリータイプを使うな」なんて事を言うつもりは全くありません。(自分のゴースト統一でもミミッキュ使ってるし…)

やっぱり私も人間なので、嫌いな物は存在します。ただそれを他人に押し付ける事はしません。敵意は向けますが

同じく「悪統一にギャラドス使うな」とか、「虫統一にヒードラン入れるな」とかも絶対に言いません。まあ統一の定義的な話になるとまた違うんですけど…

結局普通のパーティだろうが、統一パだろうが、『好きなポケモンで戦いたい』という想いに違いは無いはずです。無いですよね?(脅迫)

自分でもよくゴースト統一を使用しますが、ゴーストタイプに好きなポケモンが多いから統一をしている、というのも使っている理由の1つです。

同様にフェアリータイプが好きだから使う。何も問題は無いし、まして誰かがどうこう言う権利なんてある筈が無いです。ただ私の場合、レートで見つけ次第全力でぶっ倒すというだけです。

ですのでフェアリー統一使いの方は是非とも私を返り討ちにして下さい。私もされないようにめっちゃ対策立てますので!

 

ここまで偉そうに色々語りましたが、実はこのおろばすとかいう奴はレート1500~1600代が良いとこのクソザコ低レート勢です。

た、タイプ統一じゃなかったらもっと上行けるから…(震え声)

皆さんはこんな拗れたトレーナー(笑)にならないように頑張って下さい。

そして1度だけでも良いので、タイプ統一もやってみて下さい。きっと辛い…もとい楽しいと思います。

 

ウルトラサンムーンの発売も近付いて来ているので、今のうちにレートを下げる覚悟で組んでみるのも良いかもね!ようこそ地獄へ!